2014年05月26日

寄付制度の活用

やっと、ボーイスカウトの寄付専門サイトができました。
http://www.scout.or.jp/alumni/index.html

いい。とてもいいです。
これ、寄付対象として「各団」に振り分けられるようなことをしてくれるともっといいけど、制度がいろいろあるからなあ。難しいか。

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2012/03/02/1317543_1_1.pdf

次は「駆け込み寄付」ができるかどうかが勝負なのではないかと思っています。

私のようなものでも、毎年確定申告を行います。そのたびに「寄付」の項目を見て、「税金で払うなら、寄付しておけばよかった」と後悔したりしています。税金はどんな形で使われるのか自分で考えることができないけど、寄付なら自分で「ここに!」と寄付することができて、なおかつ寄付控除を受けることができるわけで。

年末に「確定申告で「納税」するなら、その一部を寄付控除に回してもらう」というPRをすると、確定申告をしている人には、効果があるのではないでしょうか?

2か所から給料をもらうため毎年確定申告が必要な私は、毎年4,5万円追加で納税します。寄付をして寄付控除を受けられると、寄付の一部分が税控除され、納税額が少なくて済むわけです。寄付することで、自分の思う通りにお金を使ってもらえるというのは、心理的解放感が相当あります。

まだ5月なので、あと7カ月。来年3月に「また忘れた」と思う前に納税分をちょっと寄付してみようかな。
posted by 黒澤岳博 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

シャツの襟と裾の研究

ボーイスカウトの新ユニフォームの検討案が公開されています。
http://www.scout.or.jp/information/uniform.html

第1案公開時からどうにも気に食わないのは、「ハット」とシャツの「襟(えり)」と「裾(すそ)」

ハットは単純に嫌!
活動の際にとても邪魔だった覚えしかありません。隊集会の時だって、開会式と閉会式にしかかぶらない帽子なんか、全然使えないし、いらない。結果、かぶったことがある人のノスタルジー以外に何も感じられない。中学生当時ですら、かっこいいと思ったことはありませんでしたし。

そもそも制服としては帽子がなくてもいい。
今となっては「活動着」に近い、活動時に必要なものという位置づけで十分なんじゃないかと思うし、軍手に近い位置づけでいいんじゃないかなあ。

男女で帽子が異なるというところも嫌ですねえ。

続いて、シャツの襟。
「コンバーチブルシャツ」という表現をしていますが、これは襟が開襟にも開襟じゃないものにもできることを言っているんだと思うんです。

開襟シャツを検索すると「ネクタイとは無縁のシャツ」と書いてある。
http://www.e-yamaki.co.jp/yamaki/shirts/top3_collar13.html

ネッカチーフしなくても、制服を着ていいという選択肢があるならいいけど、そこについてはどこにも言及されてない・・・。

また、シャツの裾も気になります。
今回のシャツはみているとすべて裾が真横に一直線で切られている。これはスクエアボトム(水平切り、アロハカット)というものらしく、カジュアルなシャツやアロハシャツに多いとか。
つまり、シャツの裾をパンツに入れない作りのときに使われるようで、確かに「スクエアボトム」で検索する画像はシャツを出してきているものばかり。

確かにシャツって、裾をパンツに入れているときは、前後が長くないと、おしりが出ちゃったり、おなかの生地がパンツからはみ出ちゃったりする。スクエアボトムで子供たち、大丈夫なのかいな?
いや、シャツをパンツに「イン」しなくていいなら話は別なんですが、それは選択肢にないですよね?

腹が出たおじさんが、シャツの裾をパンツに入れて着るときは、いずれにしてもずいぶん長い裾にするしかないのだと思います。

長袖のシャツがサンプルにないことも気になっています。もしかして、半袖だけなのか?

posted by 黒澤岳博 at 09:46| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

キャンプ場の運営

埼玉県行財政戦略プログラム(H26〜H28)が、ホームページに掲載されました。
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kaikaku-senryakuprogram/

34ページに「埼玉県青少年総合野外活動センター」に関する記述があります。

---------------------------------------
○ 青少年総合野外活動センターの見直し
青少年総合野外活動センターについては、施設の老朽化や類似施設との役割分担などの観点から、廃止を含めた見直しを検討する。
---------------------------------------

 この記述を見ると、施設の老朽化のため、防災対策などに対応することができないことから、県の施設としてはこの3年間で廃止の道筋をたてるということになります。

平成24年度の指定管理者管理運営状況評価を見ると、年間6万人弱。
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/574583.pdf

指定管理者の努力により、年間利用者数を22年度と比較すると、飛躍的に(1.5倍)に増えてはいるのですが、施設をリニューアルする価値があるかという評価をするということなのでしょう。
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/500303.pdf

規模がどのくらいなのか比較のしようもないけど、たとえば、群馬県の宝台樹キャンプ場の施設については、554,592千円(宝台樹スキー場含む)。
https://www.pref.gunma.jp/07/a0710718.html

スキー場を含んでいるからちょっとイメージが違うかもしれないけど、計算しやすいようにやかつの施設費が6億円。10年間で60万人来ると仮定すると、一人1000円。施設費を一人1000円増やせば、対応できる。

キャンプ場の費用として1人1泊千円足せますかね?
posted by 黒澤岳博 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 組織運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

登山届を提出すると、社会貢献ができるかも!

先日、仕事で埼玉県の登山届を確認することがありました。埼玉県警察本部の電子申請システムを参考にする必要があったのと、担当者と仕事で話をする機会があったので。

埼玉県警察本部の電子申請システム登山届の項目は次のとおり。

「団体名」「所在地」「緊急連絡先」「記入者」「氏名」「住所」「電話番号」「Eメールアドレス」「登山開始日時」「下山予定日時」「山(域)名ルート」など。

電子申請システムの登山届を作った担当者は、山岳救助隊の担当者と連絡を取って「入力しやすく、活用しやすい手続き」を作るため、いろいろ取材して工夫していました。特に、埼玉県の場合は登山に関する条例がないので、そもそも警察が担当すべきかどうかも微妙。もちろん、救助や遭難予防はお仕事なので、そのためにも積極的な策をとっているようです。

そんな話の中で「ボーイスカウト的な興味」を持ったのは「実際の遭難事件の際、どのような手順を取るか」という話。

まず、遭難した人・グループの登山届を確認。同時に、同じような時間に同じようなコースをたどっていそうな人・グループの情報も確認し、連絡が取れて協力をお願いできそうなら「遭難した人・グループを登山上で見なかったか。その辺の状況で何か参考になりそうな情報はないか」を聞くのだそうです。

確かに情報は重要。漫画大好きな私、山岳救助を題材とした漫画「岳」で、同じようなルートの人に話を聞くところから捜索を始めるのを何度も読んでいました。

そう考えると、ボーイスカウトで登山届を積極的に出すことは、もし遭難した方がいた場合の参考になる可能性があるのです。特に埼玉県では電子申請の活用が可能。紙と違って、登山口に取りに行く必要もないし、検索も楽。多くても邪魔にはならないでしょ。「登山届を出す習慣」が身につけば、それはそれでいい話だし。

ボーイスカウト側からも「そなえよつねに」とか「観察・推理」とかの話を展開できる。キムの物語をそのまんま話のネタにすることも可能だし、本当にもしそうなん事例があった場合には、活動がそのまま社会貢献につながっていく。

いい話、聞いちゃったな。

ちなみに、登山届の提出を条例で義務付けしているのは、富山県と群馬県だけのようで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BB%E5%B1%B1%E6%9D%A1%E4%BE%8B

群馬県の条例を見ると「危険地区」が指定されていて、その地区は冬は「登山しないように努めなければならない」となっており、冬以外の時期は登山届の提出が「義務付け」られています。
http://www.pref.gunma.jp/s/reiki/341901010063000000MH/341901010063000000MH/341901010063000000MH_j.html

posted by 黒澤岳博 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。