2016年03月08日

ローバーの自由度

私がローバーのころ、なんだか知らないけど、中華人民共和国に行きたかったんですね。それも、早稲田ローバーのみんなで。

だけど、30年も前、中国ってもう全然まったくボーイスカウトとは関係ない場所だったし、今でもボーイスカウトは公式にはないからボーイスカウトとしてはいけない。でも、なんだかんだ理屈をつけてとりあえず制服を着ていっちゃったりしました。

現地では、北京の大き目の小学校の少年先鋒隊の幹部(=学校の先生)とそれに参加している小学生(=赤いネッカチーフつけている小学生)のお話を聞いちゃったりしました。「一番楽しかった活動は何ですか」という質問に対し、「国を愛する活動です」という回答が来た時には、どう解釈していいものやら相当悩みましたが…。

こんな体験をしているので、ローバーの皆さんにはどんどんチャレンジをしてほしいと思っています。ローバーの時って、いろんなチャレンジができるチャンスだと思うんですよね。

しかし、組織としては、これまでに例がないことを承認するのはどうしてもむずかしい。だって組織としては「想定外」なんだもん。

そんな中、こんな記事を目にしました。

「管理する」という保守性が情報活用を遅らせ、阻害する
http://it.impressbm.co.jp/articles/-/13276

やっぱり、管理するという概念が保守性につながり、自由さを阻害するってことなんでしょうね。

「全てのローバーの皆さんが活躍できる組織を作る」ことが、どこかの国とおんなじで重要なんだと思います。組織が足引っ張っちゃうとだめなのは上の記事でもいわれていること。そうじゃない組織を作っていく必要を感じています。
posted by 黒澤岳博 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

2016年03月06日のつぶやき


posted by 黒澤岳博 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

スカウトの経験値を数値化する

「去年、いったいスカウトにどのような経験を提供できただろう??」
なんてことを、飛行機の中で考えながら居眠りしてました。自己評価に関して、自分の過去と比較すると自分の成長も評価できるので、楽ですよね。

そこで、スカウトたちの経験値を隊で評価する指標があればいいんじゃないかと考えました。
各隊ごとにこんな数値を計算して、おととしと昨年を比較すれば、隊指導者チームの努力が数値として現れるわけですよね。

BVS「スカウト一人につき、活動参加日数」をスカウト人数分足しあげたもの

CS 「スカウト一人につき、サインの数×(活動参加日数+キャンプ泊数)」をスカウト人数分足しあげたもの

BS 「スカウト一人につき、(活動参加日数+キャンプ泊数)×(級カウント数=初級1、2級2、1級3、菊4)」をスカウト人数分足しあげたもの

VS 「スカウト一人につき、(活動参加日数+キャンプ泊数)×(級カウント=ベンチャーバッジ1、ベンチャー章2、隼3、富士4)」をスカウト人数分足しあげたもの

RS 「スカウト一人につき、活動参加日数+キャンプ泊数」をスカウト人数分足しあげたもの

このような指標を作成することで、指導者がスカウトに対してアクションを行っている指標を作ることができるのではないか。また、他団との比較の中から「団運営で、参加するスカウトに対して何が足りないのか」を確認することができるのではないか。

もちろん、団運営では「他に対するアピール」や「リクルートの試み」等が別途必要になるはず。これは別途検討していく必要があるが、団の中でスカウトへの経験値の指標を作ることで、指導者の努力を評価することが可能になり、「隊指導者チーム」の努力をきちんと示すことができるんじゃないかと思われるわけです。

もちろん、様々な指標があることは了解しつつ、上記のようなものなら、すぐに計算できるため、1年間のスカウトの経験値を確認することができる。

この指標は他団との部門同士の比較や、同じ団での年度ごとの比較には適しているんですが、部門ごとの比較は難しい。CSはサインの数という「数十」の単位の数字で計算しているけど、BSは「級を数値化」しているから。経験値にはそのスカウトの「進歩」をからめる必要があるため、このような指標としてみました。

また、スカウトが増えれば、当然数値は上がっていく。スカウト数が少ないと残念な数値になっちゃうわけで、みんなでスカウトを増やしていく努力が必要だってところが、うまく数値に現れるんじゃないかなと思っていたりします。
posted by 黒澤岳博 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

23wsj.jpドメインの活用

23wsj.jpというアカウントのメールアドレスがあります。私も使ってました。

聞いたところによるとこのアカウント、googleさんからgoogle appsとして無料で使っていいとされているそうな。たぶん、期限とかないだろうし、もうすでにgoogle for Nonprofitsがあるから、それに入っちゃってるだろうし。

https://www.google.co.jp/nonprofits/

何を言いたいかっていうと、このアカウントをまさに第23回世界スカウトジャンボリーの「レガシー」として使い続け、必要とするボーイスカウト日本連盟のメールアドレスとして利用できるようにしたらいいんじゃないかと思っちゃったわけで。

加盟員からの依頼があったら、ありったけフルネームでバンバン配布しちゃえばいいわけですよ。もちろん重複しちゃう名前はあると思うけど、その場合は登録したもん順。同じ名前があったら、生年月日下4ケタ(つまり月日)、私なら「takehiro.kurosawa0711@23wsj.jp」とかでやっていけば、問題ないでしょう。

依頼についても、googleフォームで受け付けちゃって、その順番で配布。
そのフォームに依頼を入力できない場合は、受付けなければいいだけの話。とはいえ、いろいろな力関係があるんでしょうから、役員名簿などに掲載されている人だけは先に確保しておけばいいわけで。
(きっと、こういう「配慮」が組織の中では必要で、23wsjゲストサービス部の皆さんは、この配慮と2週間戦っていたのだと思うのですが、ウェルカムセンターは「データにありません」の一言で戦いを拒否していました。いろいろな手違い(ジャンボリーのスタッフだったけど母国連盟からの入力がなかったとか)でデータベースにいなかった人はいろいろいたので、そこは申し訳ない気持ちを胸にIDカードの新規発行を続けました。)

で、何をしたいかっていうと、組織の壁を超えた「連携」。

23wsj.jpのくくりの中で、google+使ったり、googleフォームを使ったりして、最前線の指導者と直接の連携が可能なわけです。
例えば、地区コミの皆さんには「saitama.higashi-comm@23wsj.jp」みたいなアカウントを作ってしまえば、送受信したメールを引き継ぐことができるから、メールでのやり取りをきちんと残して、後任に情報提供が可能となる。メアドがわかっていれば、直接相談もできるようになる。これが継続的に行われるのではないか。

どんな効果があるのか?
もう、googleさんが細かく教えてくださいます。
https://www.google.com/intx/ja/work/apps/business/?utm_medium=cpc&utm_source=google&utm_campaign=japac-jp-ja-apps-bkws-all-trial-e&utm_content=gafb&utm_term=43700006482824377&gclid=CJi6kp_K0scCFQyVvAod5-MGAA&gclsrc=ds

特に「Hangout」というサービスはテレビ電話なので、遠隔地での打ち合わせに有効なはず。オールジャパンで活動を続けるボーイスカウト日本連盟にはぴったりの機能ではないかと思います。実際、RCJ運営委員会の打ち合わせとしてすでにスカイプ会議は定例化されているので、スカイプをgoogle hangoutに切り替えてもらって、ノウハウを確保して行くことが可能であるはず。

実は昔から埼玉県連盟でも「scout-saitama.jp」のアカウントを2000個分持っていて(gmail開始当初は、そういうサービスだったので)配布を考えていたんですが、結局頓挫。メーリングリストは一時期利用されていたのですが、メールだけだとやっぱり続かないまま今に至ります。

この23wsj.jpというアカウントを使い続けることで、「ああ、日本でやったね、第23回世界スカウトジャンボリー」というまさに「レガシー」としての活用がずーっと続くとともに(言ってみれば「ジャンボリーテント」と同じ効能ってことですね)、現在、課題となっている「日本連盟内の連携」が一つクリアになるはずだと期待しています。

と、こんなところでこんなこと書くと、事務局職員さんにはすごくプレッシャーになっちゃうんだろうなあと思いつつ。だけど、チャンスだから、思いついたときに書いちゃう。一つの提案ってことで。
posted by 黒澤岳博 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 23WSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。