2016年03月08日

ローバーの自由度

私がローバーのころ、なんだか知らないけど、中華人民共和国に行きたかったんですね。それも、早稲田ローバーのみんなで。

だけど、30年も前、中国ってもう全然まったくボーイスカウトとは関係ない場所だったし、今でもボーイスカウトは公式にはないからボーイスカウトとしてはいけない。でも、なんだかんだ理屈をつけてとりあえず制服を着ていっちゃったりしました。

現地では、北京の大き目の小学校の少年先鋒隊の幹部(=学校の先生)とそれに参加している小学生(=赤いネッカチーフつけている小学生)のお話を聞いちゃったりしました。「一番楽しかった活動は何ですか」という質問に対し、「国を愛する活動です」という回答が来た時には、どう解釈していいものやら相当悩みましたが…。

こんな体験をしているので、ローバーの皆さんにはどんどんチャレンジをしてほしいと思っています。ローバーの時って、いろんなチャレンジができるチャンスだと思うんですよね。

しかし、組織としては、これまでに例がないことを承認するのはどうしてもむずかしい。だって組織としては「想定外」なんだもん。

そんな中、こんな記事を目にしました。

「管理する」という保守性が情報活用を遅らせ、阻害する
http://it.impressbm.co.jp/articles/-/13276

やっぱり、管理するという概念が保守性につながり、自由さを阻害するってことなんでしょうね。

「全てのローバーの皆さんが活躍できる組織を作る」ことが、どこかの国とおんなじで重要なんだと思います。組織が足引っ張っちゃうとだめなのは上の記事でもいわれていること。そうじゃない組織を作っていく必要を感じています。
posted by 黒澤岳博 at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの時代、勢いがありましたね。実は私も、サンダル履いて見送りに行き、名残惜しくて浜松まで。
あの前後、北京でお世話になった富士通の支社へお電話を差し上げたのですが、最初の一言を何といえばよいのかと、たっぷり2時間近く考えました。まさかニイハオじゃないだろうし…。ドキドキしながら初めてのKDDの国際電話。賢い私は、「もしもし」と第一声。ウェイとかなんとか言いながら出た先方は、すぐに日本語で話してくださいました。
だから何だ!などと言わんでね。今でも高額な国際電話料金と共に、なつかしく思い出しているんだから
Posted by 坂本 正志 at 2016年03月08日 19:00
もう30年も前のお話ですからねえ。
坂本さんのおかげで私たちは富士通北京支店の電話からパソコン通信を試みるなどイロイロ遊ばせていただきました。

その時の経験はきっと今に生きているので、それは後輩に繋いでいきたいと思います。(ここではあえて広い意味での後輩とします。だって最近早稲田ローバーに出入りしてないんだもん。)
Posted by 黒澤岳博 at 2016年03月09日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434710450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
合計昨日今日