2016年03月03日

広報活動サービスチームとか、どうですか?

「ボーイスカウト代表して」マスコミに露出するからには「勝手なことをやってもらっては困る」。いや、別に具体的な事例があったわけではないんですが。

私が出演したからと言って、勝手にボーイスカウト本体とはちょっと異なる「スカウティング研究センター」について話をしちゃ、当然いけないわけです。ってなことを考えたりしてました。

実際に数年前、埼玉県の広報番組が突然ボーイスカウトを取り上げることになり、当時広報委員長だった黒澤はさいたま市内の活動の取材の後「ボーイスカウトの効能(?)」について県連盟を代表してコメントすることになりました。

(私が出たかったわけではありません(これは断言)。当時の県広報課長は私がとてもお世話になった方で、私がボーイスカウト埼玉県連盟広報委員長をしていたことを知っていたので「おもしろがって」黒澤を指名してきたことが始まりです。)

当然「ボーイスカウトをやっているとこんなことがメリットだよ、楽しいよ」といった話をするわけですし、それなりの服装、県連理事としての制服やネッカチーフでアピールするきっかけづくりをしなくちゃいけないわけです。1分もないコメントのために、数時間前から収録現場で待たなきゃいけないし。事前に理事会でも報告し、皆さんにご覧いただくためのPRもしました。

そう考えると、たいてい突然ふってくる「マスコミの皆さんのニーズにこたえる」のは、とても大変。

適当なことを答えない、そこそこトレーニングを受けた加盟員を探し出す作業が必要。本当は各地のローバースカウトで対応できるようなトレーニングをしておくというのが最適解だと思うのですが、いつ来るかわからないニーズに対応して多くのローバーを「確保しておく」と考えた場合、手続きが必要になるなあ、と思ったわけです。

もう一つの実例として、私自身が日本連盟事務局職員から「1週間後にテレビの収録があるんですが空いてませんか」と声をかけられたこともあります。都内での収録でしたから、東京の方々に声をかけて、その後、隣の埼玉県の黒澤に声をかけてくれたんだろうと思います。平日昼間ですから仕事を調整することができず、ホッとしました。

そういう事実を見ていると、日本連盟職員である程度対応できる体制がすでに整っていますので、それに加え、インターンとかバイトとかでローバースカウトを活用する枠を常設しておいて、そのローバースカウトにお願いするような形がいいように思っています。その次のステップとして「ローバースカウト広報活動サービスチーム」を募集して、連絡をとれるようにしておくとかなんでしょうかねえ。日本連盟の国際活動サービスチームに近いイメージとして。

もっとも、そのインターンをするローバースカウトを選ぶ時点でいろいろ政治的な動きもありそうで、めんどくさそうですねえ。選んだところで「そんな話は聞いてない」とか言われちゃうから、地区とか県連盟に「照会」をかけなきゃならないんだろうし・・・。
posted by 黒澤岳博 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434530574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
合計昨日今日