2014年03月31日

キャンプ場の運営

埼玉県行財政戦略プログラム(H26〜H28)が、ホームページに掲載されました。
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kaikaku-senryakuprogram/

34ページに「埼玉県青少年総合野外活動センター」に関する記述があります。

---------------------------------------
○ 青少年総合野外活動センターの見直し
青少年総合野外活動センターについては、施設の老朽化や類似施設との役割分担などの観点から、廃止を含めた見直しを検討する。
---------------------------------------

 この記述を見ると、施設の老朽化のため、防災対策などに対応することができないことから、県の施設としてはこの3年間で廃止の道筋をたてるということになります。

平成24年度の指定管理者管理運営状況評価を見ると、年間6万人弱。
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/574583.pdf

指定管理者の努力により、年間利用者数を22年度と比較すると、飛躍的に(1.5倍)に増えてはいるのですが、施設をリニューアルする価値があるかという評価をするということなのでしょう。
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/500303.pdf

規模がどのくらいなのか比較のしようもないけど、たとえば、群馬県の宝台樹キャンプ場の施設については、554,592千円(宝台樹スキー場含む)。
https://www.pref.gunma.jp/07/a0710718.html

スキー場を含んでいるからちょっとイメージが違うかもしれないけど、計算しやすいようにやかつの施設費が6億円。10年間で60万人来ると仮定すると、一人1000円。施設費を一人1000円増やせば、対応できる。

キャンプ場の費用として1人1泊千円足せますかね?
posted by 黒澤岳博 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 組織運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。