2013年11月21日

23WSJ参加者は竹林ボランティアとして参加するのはどうか?

山口県の竹林ボランティアについての記事を拝見しました。
http://blog.canpan.info/bamboo-ymgchi/

22WSJの報告等を見ていると、さすが森の国・北欧スウェーデンの大会では、一人に1本の丸太が提供されたとの記述を拝見しました。

それなら、日本では野営工作用に竹を提供するのはどうだ!
森が竹に侵食されてしまうという現実があるから、みんなで切りに行って、その竹を野営生活に活用。終わったら粉砕機を利用して粉砕し、肥料や遊歩道に敷くなどの活用法があるとか。
http://taketorimonogatari.org/pdf/approach_005.pdf

鳥取にこんな企業もあるので・・・。
http://www.ysyonago.co.jp/recommend/159.html

ダメですかね?

posted by 黒澤岳博 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 23WSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。