2012年09月26日

文部科学省におけるボーイスカウトの立場 #boyscoutj

文部科学省のサイトを見ていたら、次のような記事が掲載されていました。

中央教育審議会スポーツ・青少年分科会 青少年の体験活動の推進の在り方に関する部会「今後の青少年の体験活動の推進について(中間報告)」に関するパブリック・コメント(意見募集)の実施について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/09/1325262.htm

この中に23WSJに関する記述もあり、青少年の体験活動に関する全般的な方向性についてかなり具体的な方向性がわかります。また、ここでしっかり23WSJの記述を残していくと、文部科学省予算の確保にはつながると思います。

皆さんの御意見をぜひ!

posted by 黒澤岳博 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23WSJの会計もカードで #boyscoutj

スウェーデンのジャンボリーでは、会場内の支払いがカードだったとか。

日本からのISTで、22WSJでジャンボリーショップのお仕事に携わった方とのtwitterの会話で次のようなことが分かっています。
・会場内の支払いは専用カードとクレジットカード
・専用カードにチャージする銀行がとても混んでいた
・ほとんどの人がクレジットカードで直接決裁
・ほとんどのスカウトがクレジットカード(またはVISAデビット)を持っていた
・現金対応レジはほとんどなし。現金支払いもほとんどなし
・レジは在庫管理と一体化したシステムで、すぐに在庫状況の確認ができた
・レジはwinPC
・現金対応レジのみ現金用の引き出しがUSB接続されたいた
・商品読み取りようバーコードスキャナがいまいち性能が悪かった

それじゃ、23WSJではやっぱりカードにしたい。

まず、海外からの参加者はクレジットカードでの支払いを指定しておけばよい。しかし、日本国内じゃ「中学生がクレジットカードを持つ」ことができない。家族カードを確保できればいいけど、だめなスカウトはどうする?

また、海外からの参加者でも、クレジットカードをもてないときは

ジャンボリーを運営していく際、全て加盟員でやるのは「無理」。企業の参加をお願いしていくしかないと私は考えています。

そこで、国内参加の中学生のためのカード支払い方法として探していくと、キャッシュパスポートというものがあるらしい・・・。
http://www.jpcashpassport.jp/cashpassport/

mastercardでプリペイド(先に金額を登録しておくというもの)なので、年齢制限がない。銀行口座ともリンクしていない。これ、paypalでも利用可能。

paypalの英文資料を見ると、mastercardのdebitカードで、paypalの支払いは可能。
https://personal.paypal.com/us/cgi-bin/?cmd=_render-content&content_ID=marketing_us/debit_card

だったら、
・iphone+paypalで、会場内の支払いを全部統一可能
・国内からの参加者もキャッシュパスポートを利用
で、会場内はカード支払いに統一可能と言うことになりますよね。

以前、次のような記事を書きましたが、俄然現実味を帯びてきたように感じます。問題は解決できそうですもんね。 

ジャンボリー会場でクレジットカード支払いができる! #boyscoutj
http://riics.seesaa.net/article/270300692.html

posted by 黒澤岳博 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

行事に関する安全管理について #boyscoutj

先日、埼玉キャンポリー2012の総務を担当しましたので、保険の契約についてもいろいろ考えました。

・そなえよつねに保険は加盟員のみ
・突発的な出来事に対して、保険の対象となる。
・その結果、熱中症は保険の対象とはならない(予防可能な症状だから)
・大会参加者は加盟員のみであるが、大会見学者には加盟員以外がいる

などなど・・・。

その結果、見学者を対象とした、損害保険と賠償責任保険を考えなくちゃいけないと言うことになりました。

結果として、以前市内で行った行事の保険でお願いした業者さんに連絡を取りお願いしたのですが、行事の際に必要となる保険については、こんな情報をオンライン上で見ることができました。

マラソン保険
http://mirai.hoken.ne.jp/wiz.html

これで完璧 行事の保険
http://allabout.co.jp/gm/gc/324883/

結局、見学できる日程が3日間、一日200人検討で、全体で1万円弱の保険費用となりました。一人1日15円くらいの計算。これで、見学者に対する保険がかけられたわけです。

おそらく、ボーイスカウトでこのくらいのイベントを実施することって少なくないと思います。保険業をやってらっしゃる方が、上記マラソン保険のような「専門的な保険」を提示しておいていただけると、主催となる団、地区などの担当者が活用できるのではないかと思いました。

posted by 黒澤岳博 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文部科学省におけるボーイスカウトの立場

文部科学省のサイトを見ていたら、次のような記事が掲載されていました。

中央教育審議会スポーツ・青少年分科会 青少年の体験活動の推進の在り方に関する部会「今後の青少年の体験活動の推進について(中間報告)」に関するパブリック・コメント(意見募集)の実施について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/09/1325262.htm

この中に23WSJに関する記述もあり、青少年の体験活動に関する全般的な方向性についてかなり具体的な方向性がわかります。また、ここでしっかり23WSJの記述を残していくと、文部科学省予算の確保にはつながると思います。

皆さんの御意見をぜひ!

posted by 黒澤岳博 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。