2012年05月16日

ジャンボリー会場でクレジットカード支払いができる! #boyscoutj

佐野正弘の“日本的”ケータイ論「おサイフケータイを超える? ソフトバンクがペイパルと組んだ理由」を拝見しました
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120514/1040940/?bpnet

これがうまく使えると、野外でもクレジットカード支払いをできるお店を開店できるということ。

ソフトバンクのiphoneを導入して「paypal here」と契約、ソフトバンクの回線さえ確保できれば、どんなところでもクレジットカード支払いが可能。もちろん、ジャンボリー会場でもクレジットカード支払いできるわけですから各国から参加する23WSJの会計としてはとても汎用的で便利なんじゃないでしょうか?

一元的な会計システムを作るのって、基盤整備がとても大変!だけど、クレジットカード支払いができて、現金でも会計ができるのなら、世界中から参加する世界スカウトジャンボリーといえども、問題ないはず。場内各店舗にはipadを1台おいて、レジ代わりにも使ってもらえばいいわけです。

何しろ、充電できる設備さえ確保できれば、データ送信のためのケーブルは必要ないわけです。とても画期的な技術。15NJでは施設整備にとてもお金が掛かったという話を聞いています。せめてICT関連だけでも無線を活用できれば、短期間とはいえケーブルの仮設設営をする必要がなくなるわけですから、施設管理の皆さんのご苦労が少し減るんじゃないでしょうか?

posted by 黒澤岳博 at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 23WSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ジャンボリーソング、公募中! #boyscoutj

ジャンボリーソング、公募中だそうな。
http://www.scout.or.jp/event/16NJ_30APRSJ/song.html

ジャンボリー、せっかく世界から「日本語が分からない」人たちが来るんだから、日本語じゃないものでコミュニケーション取りたいし、日本語も覚えていってほしい。

その意味では、やはり第13回世界ジャンボリーのテーマソング「明るい道を」はとても秀逸なものなんだと思っています。私がそう考えている理由は次のとおり。

1 タイミングよく拍手が入る
 誰でもできる拍手。それがタイミングよく入ってくるので、この拍手の部分を参加者全員ができるようになっている。これ、みんなで歌うとまずは「あーかるいみちを『チャ、チャ、チャ』」と拍手をできるので、初めてでも参加しやすい工夫になっていると思っています。

2 日本語で歌う
 ローマ字がふってあり、どの言語を使う人も、みんな日本語で歌うようにできているんですよね。

3 リズムが行進曲
 行進曲っぽいのリズム/スピードになっているので、日本語で歌うとしても、ほぼ1音1文字で理解しやすいし、歌いやすい。

逆に言うと、上記3つの要素で23WSJのテーマソングも作ってほしいなと思っています。今度は拍手じゃなくたって、打楽器なら自分たちの国のものを持ってきて使ってもらうとか、いろいろできそう。

ここ数回の日本ジャンボリー、世界スカウトジャンボリーのテーマソングを聴いたり、歌ったり、歌うよう指導したりしていて感じるのは「斉唱しづらい」ということ。独りで口ずさむならすごくいいんです。だけど、みんなで一斉に歌うには入り方とか音と言葉の関係が、ちょっと難しい。おまけに長い。結果、歌詞を覚えるのも大変。

SMAPは独唱部分が多いとか、AKB48の皆さんの歌は斉唱部分が多いとかいうことを分類していって、AKB48の斉唱部分が多い歌を研究すると、「みんなで斉唱しやすい」という考え方ができるんですかねえ?

というか、上記3つ要素を踏まえて、自分が応募すればいいのか?
ただ、残念ながら、自分に音楽の才能を感じておらず、「じゃ、スカウティング研究センターでやる」とは言い難い。この記事のコメントのやりとりの中から、皆さんの意見を絞っていって集大成していき、合作の作詞とかならできますかねえ?

ちなみに、今年の春の甲子園の入場行進曲は「Everyday、カチューシャ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B8%E6%8A%9C%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E5%85%A5%E5%A0%B4%E8%A1%8C%E9%80%B2%E6%9B%B2

AKB48のこんなに速いテンポの曲だって行進曲になるんだから、どんな曲でもこういうテンポにすることができるんだなあとは思ったんです。行進曲って歩くことが前提だからそんなに早くもないし、「歩く」という人間の基本動作がテーマだから、どんな文化の人でも親しみやすいんじゃないかと考えています。

また、上記のURLを見たら、春の甲子園入場行進曲って1967年、1970年と万国博覧会のテーマが採用されているんですね。万博3年前と万博の年。うまい活用だなと思いました。

posted by 黒澤岳博 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 23WSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。