2012年03月13日

ボーイスカウトの野外炊事に必要となる熱量はどのくらい? #boyscoutj

16NJ、23WSJは「ガスで調理する」って聞いてます。で、ガス調理するとなると、どのくらいのカロリーが必要なんでしょうねえ?と、突然思いつきました。

ジャンボリー40人分の
炊事をするのに、火口が一つだと隊炊事けになっちゃって、それもご飯とおかずを同時に調理ができなくて大変なんじゃないかなあ、と思っちゃったわけです。

14NJ,15NJと薪炊事になっていますが、これまでのジャンボリーでは、ガスで炊事をしたことも多い。ガスの時は火口は2つあったんでしょうか?

ま、いずれにしても、ガス調理器具を比較するための数値を見てみると何かの参考になるに違いない。と、いろいろネットサーフィンしてみたところ、こんなページを見つけました。

業務用ガス炊飯器
http://item.rakuten.co.jp/bfl-eco/rr-30s1/?s-id=pc_srecommend_01

つまり、炊飯ができるだけのガスの「能力」があれば、それ以外の調理もできるだろうって、推測ができるはず。

この炊飯器、最大6リットルの調理ができる。炊飯器としては3升炊き。40人分のご飯としては、ちょっと足りないかな、という感じですかねえ。

15NJで私が隊長をした隊では、1合炊ける炊飯袋を利用して、大きな鍋で一括して炊飯。指導者4名・VS10名・スカウト25名の隊で、35枚くらい(=35合)くらい炊いて、3,4合残っていました。(残ったご飯は、袋のままクーラーで冷蔵保存。熱殺菌したものを冷蔵していたので、丸1日は保存できました。午後のプログラムからかえってきたVSが振りかけかけて、おやつ代わりによく食っていました。(さすがに、ランチパック2つじゃ、高校生は足りなかったようで)
炊飯袋については、過去にこんな記事を書いています。
http://riics.seesaa.net/article/138140488.html
http://riics.seesaa.net/article/149012673.html

また、15NJでは班炊事でしたので、炊飯だけは大鍋でVS隊がやっちゃって、おかず、スープは各班で炊事してました。

そのような運用にすると、この炊飯器の熱量あれば、40人前の炊事は取り急ぎ可能であると判断できます。この炊飯器の熱量は4750kcal/h。このくらいの熱源が一つじゃ物足りない。できることなら各班一つと隊で一つ、合計5つあると、私の隊と同じような条件になりそう。(組み立て式立ちかまどを使っていたうちの隊では、2つくらい火口を作ることは可能でしたが)

で、カセットフーとかはどうなのと見てみたのですが、こんな感じ
http://www.i-cg.jp/cf/konro/index.html

隊炊事をしようとするとこのくらいの熱量を出力できるガスコンロが必要でしょうけど、班炊事だとすれば話は別。各班ごとに2つくらいあれば問題ないのだと思っています。
せっかくガスを使用するのだから、「どのくらい使うか」を実践で検証してほしいと思っています。そうすると、備蓄用の計算の基礎資料になるし、ボーイスカウトが社会に貢献できる一つの資料を作れると思うんですよね。

posted by 黒澤岳博 at 22:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 23WSJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。