2011年09月05日

ボーイスカウトが活性化するための「無力感」の払拭 #boyscoutj

メールマガジンをきっかけとして、下記のページを拝見しました。

学習性無力感を打破し自己効力感を高める「制度的リーダーシップ」
―ローソンの改革に見る従業員の元気の回復―
神戸大学大学院経営学研究科教授 平野光俊

http://diamond.jp/articles/-/13870

これを読んでいくと「おにぎり」をきっかけに、ローソン新浪社長さんがどのように組織的な無力感を払拭していったかが書いてあります。

この状況、まさに今の日本のボーイスカウトにも適用できるのじゃないかと考えています。世界ジャンボリーをきっかけに「日本のボーイスカウトの無力感」を払拭するという感じ。

これまでも、これからも、団・隊を運営する団委員、隊指導者には、フリーハンドで得られる自由はない。各組織ごとに様々な制約があり、ちょっと指導者を経験した人なら、いつだって「予算が足りない」とか「指導者が足りない」とか「スカウトが足りない」とか悩んできたはずだし、その悩みを解決する場として研修が設置されていたはず。

しかし、現在の日本のボーイスカウトは、それらがこの記事で出てくる「無力感」につながってしまっているように思えます。何かでこの無力感を払拭する必要がある。このところ、スカウト会館移転など、様々な変革が行われているわけですが、これらを批判するだけではなく「これをきっかけに何を変えることができるのか」を、現場レベルで具体的に議論していかなければならないはずだと私は考えています。

この「無力感の払拭」のためには、トップマネジメントはもちろん現場を意識しなければならないはずですが、団・隊などのスカウトを指導する現場での情報を共有し、できることを少しずつでも改善していかなければ、無理。

たとえば、文部科学省が大学の運営で進める「GP(グッドプラクティス=よき実践)」のような、現場で使えるネタを現場で作って共有することはとても有益であると思われます。日本の生産現場ではこれまでも「QC活動」や「かんばん方式」などにより、現場ががんばって作り上げてきたものがいくつもあるのですから、現場の情報を共有できる仕組みを作って、現場での「改善」を考えていった方がいいんじゃないかなあ。ツールもQCとかのものを使えるわけだし。

9月17、18日に開催されるユースフォーラムでは、事前にFACEBOOKページを設置し、今後参加できないローバー諸君も含めて連携を取る話になっています。また、当日はUSTREAMで生中継も考えています。

(どこまでできるのか不安ですが、生中継を私が担当することになっています。日本連盟のアカウントが取れなさそうなので、埼玉県連盟のアカウントで実施予定。来週あたりに実験しようかなと思っています。ちなみに、この技術的には次のページをテキストとして利用しています。http://aseed-tv.org/?page_id=1649

これらをきっかけに、FACEBOOKなど「情報ネットワークを活用した活動の展開」を進められるもんなら進めてみたいと思います。

ただ不安なのは、これらの情報ネットワークの活用が進んでいくと「情報の共有」ではなく、「単なるはけ口」になってしまう可能性がある。こうなっては何もならない。批判だけに終わってしまってはまさに「無力感」が増すだけになるからです。

「自分にはこれができる。だから、組織としてこのような対応をしてほしい」という話にならないと、結局組織におんぶにだっこになってしまいます。組織批判だけでは「お上意識」まるだし。まず自分がどう変われるかが問われているにもかかわらずです。

実はユースフォーラムの実行委員会の中でも同じようにお願いしています。最終的にはユースフォーラムの参加者がフォーラムでの議論の結果を提言していくわけですが、その際に「日本連盟は○○してほしい」というのを集めたところで主体性がないままに終わることは自明。だから、少なくとも半分は「ローバーは○○をやる」という部分を自分たちで設定し「だから組織は○○をやってほしい」という形にするのはどうだろうと実行委員会で提案しました。

そうすれば、ローバーが率先して自分たちの作業を進めていけば、提言先の日本連盟、各県連盟などはやらざるを得なくなるし、その比較が組織の「実行力」の評価につながるはず。

建設的に語れる場を、ローバーにも指導者にも確保していくようにできたらいいなあ。いや、スカウティング研究センターでは、研究集会を実施し、これまでも対話の場を作ってきたんですけどね・・・。


posted by 黒澤岳博 at 20:49| Comment(10) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

「生きる力」測定・分析ツール #boyscoutj

中島さんが日本キャンプ会議で発表するというので、キャンプ協会のサイトで参加申し込みをしたり、資料を見たり・・・。

キャンプフェスタ朝霧(キャンプ会議はこの事業の中で開催)
https://sites.google.com/a/camping.or.jp/campfesta/

そんな中で、キャンプ協会のニュースをつらつら見ていたら、下記のような記事を見つけました。
日本キャンプ協会(ダウンロードページ)
http://www.camping.or.jp/download/

何年何月号だか忘れちゃったんだけど・・・。
(独)国立青少年教育振興機構が開発
「生きる力」の測定・分析ツール

国立青少年教育振興機構は、体験活動による教育効果測る手法のひとつとして、子どもたちの生きる力を手軽に測定できるアンケート用紙「IKR 評定用紙(簡易版)」を開発しています。さらに今回、誰でも簡単にアンケートの集計・分析ができる「『生きる力』の測定分析ツール」を開発しました。
希望される方は、メールまたはFAX で「名前」「所属」「連絡先」を添えてお問い合せください。
問い合わせ先
(独)国立青少年教育振興機構
教育事業部調査研究・情報調査情報
Tel. 03-6407-7742 Fax. 03-6407-7699
E-mail : honbu-jyouhou@niye.go.jp
(独)国立青少年教育振興機構が開発した体験活動における教育効果を測る手法で、機構内の事業などノ成果を測定する指標として使っているという。たしかに自然体験活動系の研究論文を見ていると、IKR〇〇といった形でこのツールが出てきます。

で、さっそく希望。すぐに一冊の資料とcdが送られて来ました。簡単なアンケート調査を事業の前後で行うので、簡単にできそう。
まだ使ってないけど、ボーイスカウトで全国的に活用してみるというのも可能なのでは?

posted by 黒澤岳博 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。