2010年07月15日

15NJ派遣隊で持っていった資材が知りたい。

スカウトSNSのトピックで、表題のようなものを設置してみました。
http://boyscout.sns-park.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=366

おそらく、ボーイスカウトのキャンプとしては最も恵まれた環境であるはずのジャンボリーですが、参加隊の資材や生活や状況について、あまり記録が残っていません。「口伝」とか「一子相伝」で伝えられて・・・。結果、私のところには届いてきません。

ジャンボリーで何を持って行って、何がどのように便利だったのかを記録していくことで、3年後の16NJ、5年後のWSJへとつなげていきたい。できる事なら、本にしてまとめたい。

そこで、みなさんにご協力いただけると嬉しいなと思っております。もちろん私もこれから気づいたことを書き込んでいきたいと思いますが、事後でも結構ですので、皆さんの派遣隊での状況をお教えいただけると幸いです。

きっと、「塩をどのくらい使った」という情報さえも重要なのだと思います。蚊取り線香を何本持って行って、何本使ったという情報があれば、毎回それに自分 たちの状況を加えていくことで、洗練された情報になっていくはず。

きっと、そういう記録がボーイスカウト全体の「資産」になっていくと思うし、それが蓄積されると「ボーイスカウトがキャンプ業界に一石を投じる」事ができるものになると考えています。

posted by 黒澤岳博 at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

CJK2010プロジェクトへの協賛のお願い

ご無沙汰している財部さんからメールをいただきました。なんと財部さん、今年のcjkプロジェクトの責任者になったとのお話だったんです。
http://www.scout.or.jp/j/info/intl/application/h22/h22cjkSaibo.pdf

うーん、たいへん。財部さんがアクティブに活動しているのはいろいろなところでおはなしをお聞きしていたので知っていたけど、責任者として活動するとなると、いろいろ考えなければならないこともあり・・・。

で、彼からのメールはこんな感じ(抜粋)でした。
このCJKプロジェクトとは、China Japan Korea Projectと言いまして、日台韓の三カ国の
ローバースカウトが協働しフィリピンで様々なプログラムを展開しています。大きな柱として
は、PHC(予防啓蒙活動)や環境教育に加え、世界のスカウトとの友情をはぐくむといいう
プロジェクトになっています。

私自身も3年前に参加し、大きな影響を受けました。これがなければ、BSAのキャンプス
タッフに参加しなかったと言える位、国際的なスカウティングに目覚めたきっかけでした。
今年も3カ国30名弱のローバースカウトが8月下旬にフィリピンに集い、約10日間同じ
釜の飯を食べプロジェクトを実施しています。最高のパフォーマンスを出せるよう私も努力
していきたいと考えています。

また今回、日本派遣団が実施しなければ、General Project Managerスペシャルプログラムと
してWTWと関連した手紙交換を3カ国のスカウトと日本のスカウトでの橋渡しになればと
作戦を練っています。

今回、黒澤さんに資金的・物質的なサポートをお願い出来ればと思いメールをさせていただ
きました。
現地でのプログラム経費、参加者に支給するワッペン代、事後集会の交通費などこれから多
くの経費を見込んでいます。

サポート頂けましたら、ほんの気持ちではありますがCJK2010ワッペン、ステッカー
を後日送付させていただきます。
うーん、うまい。こんなアプローチされちゃったら、できるお手伝いはしたい。
ジャンボリーの隊長が決まってひしひしと感じているのですが、お金なんてもんはあればあるだけ安心ができる。特にプロジェクトリーダーや責任者になれば、お金のことで悩むのは出来れば避けて、本来の活動に力を入れたいもの。チームワーク促進のために、自由に使えるお金があれば安心材料は増える.

そこで、財部さんに「今回の話、ブログで紹介しちゃっていい?」と相談したところ、快くご承諾をいただきました。きっとこのブログの読者のみなさんの多くは、こんな話を聞いちゃうと意気に感じてご協力をいただけると信じております。
もし、cjk2010プロジェクトにご協力いただける方がいらっしゃいましたら、次のメールアドレスまで、ぜひご一報をよろしくお願いします。sobaboy@cjk2010.com

財部さん、もちろんジャンボリーにも参加しますので、そちらでおはなしをお聞きするのも面白いと思っています。現地からは下記のブログで活動報告してくれるということです。
http://www.sobaboy.net/

わたし?
威張れるような金額ではありませんが、協力させていただきました。それと、ここでのPRでご協力になればと思っております。NPO業界では「ファンドレイジング」が新たな流れとなっています。ボーイスカウトにおけるファンドレイジングの一つの試みとして、みなさんにご協力いただけると嬉しいなと思っております。

posted by 黒澤岳博 at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ローバー活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

2貫目ってどのくらいの大きさ?

着々と準備が始まっている15NJ。

生木さんのサイトに、ここ数日の準備について写真が掲載されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/jeep_p_j53/63654675.html#63654675

ぽつんとトイレやシャワーが草原の真ん中に立っているのが不思議な感じ。私が高校生の時8NJが開催されたのですが、私の同期で三郷1団の川口さんが奉仕隊で参加。彼は全隊撤営後まで会場に残り、作業していたらしいのですが、今だに「誰もいないジャンボリー会場はスゴーく広くて、不思議な感じだった」と話をします。生木さんの写真を見ると、ホント、そんな感じ。

で、ちょろちょろ出てくる資料を見ながら、装備を検討しているわけです、派遣隊長として。その時に思い浮かんだのが題名の「2貫目ってどのくらいの大きさ?」ということでした.考えたら、貫目で計算して氷を買ったことがない。

早速ネットで検索したら、こんなサイトを見つけました。「氷販売店 氷.com」
http://item.rakuten.co.jp/yayoi/bice1/

読んでいくと「1貫目の形状はおよそ12×27×13cm大き目のレンガの大きさ」とかいてあります。それが二つってことです。
氷屋の孫としてはとても恥ずかしいことなのですが(母親の実家が昔、氷屋をやっていました。祖父は料理学校で「氷の彫刻」の非常勤講師をやっていたとか)、「ふーん」と思っちゃいました。

posted by 黒澤岳博 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 15NJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
合計昨日今日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。